6 月 17 日

6 月 17 日

EventTour
うつろ舟ミステリー〈三神たける〉

2023年6月17日

in 茨城県

  • 虚舟、うつろ舟、江戸、UFO、蛮女、異星人、宇宙文字、金色姫、三神たける

同行:

  • プロフィール画像

    三神たける
    謎学研究家

うつろ舟ミステリー〈三神たける〉

茨城県に伝わる江戸時代常陸国の「うつろ舟ミステリー」を開催いたします。

江戸後期の1803年、円盤状の乗物が現在の茨城県神栖市の海岸に漂着。中から不思議な服装をした女性が箱を抱えて現れたとされる伝承。江戸時代の月刊ムー滝沢馬琴の『兎園小説』「虚舟の蛮女」(1825年)、長橋亦次郎の『梅の塵』「空舟の事」(1844年)、日本に漂着した異国船や国外へ漂流した日本人の記事などを記録した『漂流記集』など、14編の古文書で確認されている。伝説の概要、円盤状の乗物、箱を抱えた異国風の女性、「宇宙文字」と研究者が呼ぶ、円盤に描かれた4つの暗号文字などの記述はほぼ共通し、研究者達は養蚕信仰の「金色姫伝説」との類似性にも着目するが未だ謎は解明されていない...。

常陸国三蚕神社の一つ、養蚕を担った服部氏(初酉)が創建したとされる「初酉神社」

常陸国三蚕神社の一つ、金色姫伝説の謎に迫る、通称「蚕影山神社」

南総里見八犬伝を書いた滝沢馬琴が訪れた「蚕霊神社」

養蚕信仰の本尊である蚕霊尊(金色姫)を祭る「千手院星福寺」

うつろ舟が漂着した「舎利浜」

概要
開催日時

2023年6月17日

2023年6月17日(土) 

つくば駅集合:9:30 出発時間:9:45

訪問場所:(10:15初酉神社10:45)ー(11:00蚕影山神社11:30)ー(12:30昼食13:30)ー(14:00蚕霊神社、星福寺15:00)ー(15:30舎利浜16:00)ー(18:00夕食)

20:00頃 成田駅解散

主 催 主催

マジョリカプランニング

募 集募集

12

参加費

ご参加経験のある方48,000 / 初参加の方58,000円(税込)

参加料金に含む:貸切バス代/昼食代/旅行保険代
参加料金に含まず(集合まで解散からの交通費/夕食代/食事時の飲物代)

訪問場所

初酉神社
蚕影神社
蚕霊神社
千手院星福寺
舎利浜

参考図書 参考図書 失われた江戸のUFO事件「虚舟」の謎 (MU SUPER MYSTERY BOOKS)
キャンセルポリシーキャンセルポリシー ツアー開始日の前日から起算して
[ご出発の30日前から22日前:ご旅行代金10%]
[ご出発の21日前から14日前:ご旅行代金20%]
[ご出発の13日前から7日前:ご旅行代金30%]
[ご出発の6日前から4日前:ご旅行代金40%]
[ご出発の3日前: ご旅行代金50%]
[ご出発の前日と当日:ご旅行代金100%]