7 月 31 日

Event
仏性が開く時 それは蓮の花が開く時【古代蓮をめぐる観音ツアー】〈五島秀一〉

2022年7月31日(日)

in 埼玉県

  • 埼玉 秩父 古代蓮 観音様

同行
五島秀一
大学時代より宇宙の秩序と調和を見出す宇宙論を研究。30年近くに渡り、科学者として地球環境問題、気功家として人々の心身の問題を解決するために、揺るぎない利他の精神を持って活動し続けています。超越気功協会会長。一般財団法人秀物理学研究所代表。

仏性が開く時 それは蓮の花が開く時【古代蓮をめぐる観音ツアー】〈五島秀一〉

もともと菩薩というのは、1人1人の中から仏性を引き出すという役目です。
如来になると、引き出された仏性を活用します。

実は仏性が開く時というのは、蓮の花が開く時と一緒です。
蓮の花というのは、綺麗なところからではなく、汚いところからしか咲きません。
問題は、汚いところから、なぜ綺麗なものができるのか?
ここに菩薩の秘密があります。

どうやれば綺麗な花が咲きますか?
どうすれば素敵な人生を送れますか?
と、みんなが菩薩に聞きますが、意外な答えが返ってきます。

「開けばいい、開きさえすれば全部綺麗なのです。開きさえすれば美しくなるのです」
と、教えます。

すると沼の中でワナワナと握り拳を震わしていた人間が、パッと手を開く!!

これが蓮の花だ。
開けばいい、発表したらいい、思い切って打ち明けたらいい、表現したらいいんだよ。
何を発表し、何を表現するかより、行為が先なんだ。
動詞の方が大事なんだ、開くことが大事なんだ。
これを毎日毎日教えているのが観音様だ。

行為が仏であり観世音だ。
観音というのは、音を観ると書く。
音というのは行為なんだ。
人は行為したものを観る。
つまりどうやって1人1人が自分を表現するかだ。

自己開花することが観世音菩薩だ。
みな、良いものを創ろうとしたり良い人生を送ろうとして悩む。
そうではない、創ること、生きることが大事なんだ。

弥勒と地蔵と観音は菩薩界で一つになって人間を救う。
弥勒は意欲を、観音は正直な気持ち、地蔵は行為をほめてくれる。

花は天にあるものを全て映す。
コスモスは銀河系の形を表し
ひまわりは太陽を表し、中心の黒いタネは太陽の黒点
蓮の花はホワイトホールとブラックホールを表す。

この世は愛と知恵がバラバラだが、
愛を知恵に変え、知恵を愛に変えて
ひとうにするのが観音の働きなんだ。
Dr.Shu 五島秀一

https://youtu.be/zSgSxTHzm2M

概要
開催日時

2022年7月31日(日)

主 催 主催

マジョリカプランニング

募 集募集

15

参加費

18000円(税込)

A  18,000円(集合〜解散までの車代別途)
B  7月30日「ただ、一つのもの【統一場理論】森裕平×五島秀一」参加の方:13,000円
A B の方はツアー参加後、Dr.Shuによる「古代蓮リーディング(タマヒリ)と蓮華瞑想」動画をご視聴いただけます
C「古代蓮リーディング(タマヒリ)と蓮華瞑想」動画視聴のみ:8800円

訪問場所

秩父市久那の札所25番久昌寺(古代蓮の池)
八大龍王、スサノオ、イザナギ、イザナミが御祭神の今宮神社

コース
予定
7/31(日)
  • 8:20西武秩父駅集合
  • 午前岩谷山久昌寺(埼玉県秩父)
  • 午前八大龍王宮秩父今宮神社
キャンセルポリシーキャンセルポリシー